朔旦(さくたん)冬至

2014年12月22日、今日は冬至。一年で一番昼の時間が短い日です。

今年の冬至は普段と違い、「朔旦(さくたん)冬至」と呼ばれ、特別な冬至であります。

新月と冬至が重なる年の冬至のことで、19年に1度しか訪れません。

古来、太陽と月の復活の日が重なる朔旦冬至は、非常におめでたい日だとされ、盛大な祝宴が催された言われています。

寒さはこれから本番を迎えますが、冬至を超えれば徐々に日が長くなっていきます。

まだまだ寒い日は続きますが、お風邪を召させませぬよう 厳しい冬を乗り切りたいものです。

今年もあとわずかとなりました。

今年一年、皆様方には大変お世話になりましたことを感謝申し上げますとともに、どうかお元気で良いお年をお迎えくださいませ。

くる年も、宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL